イベント実行中もセーブを可能にするPlugin【ツクールMV】

「SaveInEvent.js」プラグイン

イベント実行中にメニュー画面やセーブ画面を開いたり、セーブしても不具合が起きないようにするプラグインを作ってみました。ノベルゲームなど会話中にセーブしたい場面で活用できます。

実はプラグイン無しでもイベント実行中にセーブする方法はあるのですが、セーブ後にエラーが出たり、ロードした時に次の文章から始まってしまったり、何かと不具合がありました。このプラグインはそんな不具合をできる限り軽減します。

プラグインの使い方

ツクールMVの「プラグイン管理」ウィンドウから、このプラグインをONにするだけです。

あとはどんな方法でも構いません、メニュー画面を開くなり、セーブするなりして下さい。

一つだけ、簡単にセーブ画面を呼び出す方法をご紹介します。並列処理イベントに以下のようなコマンドを設定してみて下さい。

これだけで、キーボードのShiftキーを押せばいつでもセーブ画面を呼び出せます。SaveInEvent.jsプラグインをONにしておけば、イベントで「文章の表示」や「選択肢の表示」を実行中でも上手いことセーブします。

セーブデータをロードした時も、セーブ時に実行していた文章から開始します。

上記の方法は、あくまで一つの例です。このプラグインは元々のセーブ処理にイベント進行状況を修正する処理を加えているだけなので、セーブ処理さえ呼び出せば他の方法でセーブした場合も同様の効果が得られるはずです。たぶん、他の人が作ったセーブ系のプラグインと組み合わせても使えるんじゃないかなー……?(未確認)

ご自身の制作しているゲーム上で使えるかどうか、試してみて下さい(^^)/

使用上の注意点

  • このプラグインはマップ上で実行している並列処理以外のイベントに対応しています。並列処理で文章を表示しているなど、並列処理イベント実行中のセーブには完全に対応できない可能性がありますのでご注意下さい。
  • イベントからのコモンイベント呼び出しや自動実行のコモンイベントには対応していますが、並列処理のコモンイベントには対応していません。
  • バトルシーンで実行中のイベントには対応していません。

こちらの記事もオススメです