磁力でピタッとスマホを充電!「ZNAPS」に出資してみた!

実は自分、「Kickstarter」というサービスがある事は知っていたのですが海外のサイトという事もあり、なかなか手を出せずにいました。

そんな心の壁を突き破ってくれた商品がこちら。

「ZNAPS」- Kickstarter

なんと、手持ちのスマートフォン充電ケーブルをマグネット着脱式に変えてしまうアダプタだそうです!

おまけに充電だけでなくデータ転送にも対応しているらしいので、今使っているケーブルを全部これに変えたい気分。

Lightning版とMicro-USB版があり、iPhoneやAndroidスマートフォン、その他、Micro-USBを利用する機器なら何でもマグネット着脱式にできるみたい。

 

Micro-USBに装着すれば裏表を気にせずケーブルの着脱ができるし、コネクタ部分のサイズも小さいから普段使いの邪魔になる事も無さそう。

 

ただ、こういう充電系グッズの問題は充電時間なんですよねぇ。

a0001_015492

自分はかつてスマホを無線充電化してみたものの、その充電時間の遅さに耐えられず元のケーブルに戻した人です。

いくら便利な充電方法でも遅ければ意味がない!

ZNAPSの充電速度は?

そこで「ZNAPS」はどうなのか知りたくて、対応してる電圧とか電流とか検索してみたんですけど、日本語の記事はまったく見かけなかったです。

遅かったら意味無いなーと思いテンションも下がってきたのですが、公式のQ&Aを見に行ってみたらちゃんと書いてました。

Is ZNAPS compatible with Quick Charge 2.0?

Yes. ZNAPS can support Quick Charge 2.0.

なんかドコモの急速充電にも使われてる「Quick Charge 2.0」って規格に対応してるっぽいですね!……そうですよね?(英語力に自信が無いので英語できる人は自分で調べて下さい)

あと、もうひとつ

ZNAPS does not enhance nor impede charging speeds and data transfer.

えーと、これは「ZNAPSは充電やデータ転送の速度を高めもしないし妨げもしません」って意味でしょうか?(英語力に自信が無いので以下略)

出資を決意

手軽に充電もデータ転送もできて速度も低下しないとなれば、出資に対する心の壁は消え去りました。

人生初!Kickstarterで出資してみます!

znaps

スクリーンショット右側の緑色の部分、「You pledged $25.」というのが自分の出資した金額です。記事を書いている時点で2400円くらい。

これで商品化に成功した暁にはZNAPSのコネクタとアダプタを2つずつ貰えるはず。

(出資金額によって貰えるものは変わります)

 

すでに目標金額$120,000必要なところをスクリーンショット時点で10倍以上の$1,672,469集めているので商品化はほぼ確実です(出資の締め切りは8月15日まで)

 

 

Kickstarterでの出資は初めてで知らない事も多いですし、発送が延期になる事も多いようなのでまだ何やかんや面倒な事もあるかもしれませんが、手元に届くのを来年まで気長に待つとします。

また何か進展があればブログで報告します~。

 

2015/08/04追記:

「Lightning版かMicro-USB版を選択する画面が無いまま出資が完了したみたいなのですが……」という質問をいただきましたので補足します。

KickstarterのZNAPSページに書かれている文章やQ&Aを見てみますと、

We will send out survey for you to select the versions you need after our campaign.

How do I select Lightning or Micro-USB Znaps for my pledge?
We will send out a survey for everyone to fill out shipping address as well as your choice of Lightning and/or Micro-USB ZNAPS.

との表記があります。

これを自分の拙い英語力で訳してみますと、「我々のキャンペーン後にあなたが必要なバージョン選択の調査を送信させていただきます」「私たちは皆さんに配送先住所ならびにLightning版、Micro-USB版ZNAPSの選択を記入するための調査を送信します」となります。

つまり、キャンペーン終了後にバージョン選択と配送先を記入するページのURLもしくはメールが送られてくるものと自分は解釈しています。

参考になれば幸いです。

 

あ、それとUSB-C版のZNAPSも制作決定したみたいですね。

まだUSB-Cが搭載されている機種はほぼ無いですが、将来的には期待大です。

 

2015/09/08追記:

ついにZNAPSのバージョン選択と発送先住所の入力が可能になったのでレポートしました。

詳細は次の記事で→ 磁力でピタッとスマホを充電!「ZNAPS」に出資してみた!~その2~