誰でも使えるLINE Payカードはクレジットよりお得!

LINEが発行するプリペイドカード

コミュニケーションアプリで有名な「LINE」が発行している「LINE Pay カード」はクレジットカードではなく、あらかじめお金をチャージして使えるプリペイドカード

そのポイント還元率はなんと、どのクレジットカードをも上回る“2%”!さらにチャージ方法によっては“3%”の還元を受ける事も可能です。

しかも、普通のクレジットカードを使えるお店ならほとんどの場所で使えるので、最近の自分はもっぱらこの「LINE Pay カード」をメインにお買い物をしています。

それでは、ざっくりとこのカードの事をご紹介させていただきます~。

年齢に関係なく無料で発行できる

「LINE Pay カード」を作るのに年齢制限はありません。「LINE」アプリに登録している人なら誰でも無料で発行する事ができます。

だからクレジットカードを持てない年齢の人でもお得にポイントを貯めて買い物できますね。

使えるお店が非常に多く、貯めたポイントで支払いできる

「LINE Pay カード」はJCBのクレジットカードを使えるお店なら、ほとんどの場所で支払いできます。実店舗に限らず、ネットショップの「amazon」でも使えました。

しかも、お買い物で貯めた「LINEポイント」は再びLINE Pay カードの残高に入れる事ができるので、使い道を気にせず普段のお買い物に充てる事ができますよ!

 

お店で代金を支払う時は、お店の人に「カードで」と言ってLINE Pay カードを渡すだけ。クレジットカードと同じようにサインを求められるので、自分の名前を書いて完了です。支払い回数を聞かれた時は「一括で」と言えばOKです。

ネットショップの場合はクレジットカード支払いを選択し、LINE Pay カードのカード番号を入力しましょう。

支払った直後に自分のスマホからチリン♪とLINEの通知音が鳴るのが気持ちいいんです(笑)支払った金額もすぐスマホに表示されます。

コンビニでチャージができる

LINE Pay カードはプリペイドカードなので、あらかじめスマートフォンの「LINE」アプリからLINE Payにお金をチャージしておく必要があります。

チャージした金額分しか支払いに使う事ができないので使いすぎる心配がありません。

LINE Payのチャージはコンビニ払いにも対応しているので、スマホのアプリからチャージを申し込んで、近くのコンビニでその金額を支払えばOKです。

ファミマTカードでチャージすればポイント3%

実は、ファミリーマートが発行する「ファミマTカード(クレジット機能付き)」は公共料金などのコンビニ払いの際にもTポイントが付与される仕組みで、LINE Pay カードのチャージもその対象となっています(2016年現在)

LINE Pay カードのチャージ方法を「コンビニ払い」にし、ファミリーマート店舗レジでファミマTカードのクレジット支払いをすれば、0.5%のTポイントが付与されるのです。

さらにファミリーマートには「カードの日」という制度があり、毎週火曜日と土曜日はクレジットポイントが2倍!

「カードの日」にLINE Pay カードをファミマTカードでチャージすれば、チャージ時にTポイント1%と、買い物時にLINEポイント2%。合計3%のポイント還元率となるのです。

どのクレジットカードを見ても3%の還元率なんてありえないので、LINE Pay カードのお得感は半端ないですよ!

2017/04/29追記:
コンビニチャージが現金のみとなり、ファミマTカードが使えなくなりました。

ただしちょっと使いにくい点も

a0002_010350_m

お得感バリバリのLINE Pay カードなんですが、ちょっと使いづらい部分もあります。

使えないお店もそこそこある

実店舗もネットショップも、ほとんどの場所でLINE Pay カードを使う事ができるのですが、中には使えないお店もあります。

  • JCBでの支払いに対応していないお店。LINE Pay カードはJCB加盟店でしか利用できません。
  • 毎月継続して料金が引き落とされるようなお店ではLINE Pay カードは使えない事があります。また、ETCカードも無いため高速道路料金の支払いには使えません。
  • カードにICチップが付いていないので、ICチップを読み取るタイプの機械には使えません。
  • 決済時に0円や1円など、少額でカード決済の可否を試すタイプのシステムを導入しているお店では使えません。これは実際にカードを使ってみないと分かりません。

自分はよく昼食に「ほっともっと」のお弁当を購入して食べているのですが、そのネット注文サイト「NettoMotto」でLINE Pay カードを使用してみたところ、「0円の決済はできません」とLINEに通知が来て支払う事ができませんでした。

たまに店員さんが戸惑う

LINE Pay カードにはICチップが付いていないため、お店の人は磁気でカード情報を読み取る必要があります。

なので、普段からICチップ付きのカードしか処理した事がない、経験の少ない店員さんはカードを読み取る事ができず戸惑ってしまう事があるようです。

そういう時は、読み取り機にカードを差し込むのではなく、読み取り機の横の溝にカードをスライドさせるよう教えてあげましょう。

(最近のクレジットカードはICチップ付きの物が多くなっていますが、中には磁気のみのカードもあります)

 

なお、ICチップ非対応のため、暗証番号での決済はできませんので毎回サインを書く必要があります。

まとめ

プリペイドカードという特性上、クレジットカードと比べるとちょっと使いづらい&面倒な点がある「LINE Pay カード」ですが、もともとクレジットカードを持てない年齢の方や、クレジットカードは不正使用が怖くて使いたくないという方にはピッタリのカードです。

また、ポイント還元にはクレジットカード以上の魅力があるので、すでにクレジットカードを使っている方も上手に使い分けてみてはと思います。